公益財団法人日本水泳連盟
TOP大会一覧日本代表記録一覧標準記録組織
 
日本代表
国際大会結果
記録一覧
標準記録
データベース
公認グッズ
加盟団体情報
連盟情報
委員会情報
ルールブック
機関誌「月刊水泳」
アンチ・ドーピング
水泳指導者(資格関係)

アンチ・ドーピング関連情報
>>アンチ・ドーピングトップへ

重篤な症状を引き起こす可能性のある禁止物質の使用に関する緊急の注意喚起

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)より、重篤な症状を引き起こす可能性のある禁止物質の使用に関する緊急の注意喚起メッセージが下記の通り、配信されました。
競技者、指導者の皆様は、周知対応を頂きますようお願い申し上げます。

(以下、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)HPより抜粋)
【要約】
WADA が収集した情報と分析によると、禁止物質であるGW501516が競技力向上を狙って使用されていることが各国のアンチ・ドーピング機構によって確認されています。
本物質には重篤な毒性があることがあきらかになっており、摂取による重大な健康の被害が起きる可能性があります。

【WADA 発表原文】
It has come to WADA’s attention that the black market substance GW501516 is being sold to and used by some athletes.

The side effect of this chemical compound is so serious that WADA is taking the rare step of warning “cheats” to ensure that there is complete awareness of the possible health risks to athletes who succumb to the temptation of using GW501516 for performance enhancement.

GW501516 was a developmental drug that was withdrawn from research by the pharmaceutical ompany and terminated when serious toxicities were discovered in pre-clinical studies.

Clinical approval has not, and will not be given for this substance.

However, GW501516 has been available for some months on the black market,
through the Internet and elsewhere. Anti-Doping authorities have already seen its use by athletes,
as there are a number of positive cases.
▲このページのTOPへ

 
リンク集プライバシーポリシーサイトマップ  
© Copyright 2006-2012 Japan Swimming Federation